技術処理

お問い合わせの多い真空熱処理、窒化処理、PVD、DLC処理など、朝日熱処理工業が可能としている
各種熱処理技術をご紹介いたします。
それぞれ目的や役割が異なるため、お客様のご要望や用途に応じて最適な熱処理技術のご提案もいたしております。

DC-IMPACT(低温プラズマ浸炭)処理

SUS鋼を対象にして、500℃未満の低温浸炭を行った場合、耐食性…

詳細を見る

Kn制御窒化処理(ナイトレックス)

窒化ポテンシャル(Kn)を制御した、お客様仕様の窒化処理が可能…

詳細を見る

WPC処理(精密ショットピーニング)

WPC処理は、熱処理、拡散表面処理をされた金属部品の表面に、50…

詳細を見る

PVD・DLCコーティング

PVD処理は、大別すると、真空蒸着、スパッタリング、イオンプレー…

詳細を見る

浸炭焼入・浸炭窒化焼入・光輝焼入

浸炭焼入・浸炭窒化焼入・光輝焼入について、それぞれ説明していきます。 …

詳細を見る

真空熱処理(V-TECH)

光輝性(表面のクリーン度)に優れた真空熱処理がV-TECHの特徴です。…

詳細を見る

プラズマ窒化処理(イオン窒化処理)

真空中でプラズマエネルギーを利用した環境重視の窒化処理です。 プラズマ…

詳細を見る

精密低温窒化処理(PSN処理)

精密金型、精密ステンレス部品を新たな表面改質する窒化方法です。 PSN…

詳細を見る

ガス軟窒化処理(SNプロセス)

鉄鋼材料の耐摩耗性、疲労強度、摺動性能の向上には、ガス軟窒化処理がおす…

詳細を見る